鮎釣り

土用の川の鮎釣りは…

080731001

梅雨明け以来、雨らしい雨が降らない関東地方。そして伊豆の狩野川ですが当然、狩野川も渇水状態。そして昨日までの三日間、実際に狩野川で鮎釣りをしてみた所、やはり私には余り鮎が釣れない。まぁ、私が釣れないのはいつもの事。でも「鮎が掛からない」、「鮎が居ない」とお嘆きの鮎師の方が多かった様に思います。

私も「暑い時間帯は鮎がいないのかなぁ」と思っていたので、日中はバイクで狩野川巡りをしていました。「吊り橋」・「レンゲ」・「遠藤橋」など有名ポイントも見て回ったのですが、やはり釣り人は少なく、余り竿が曲がっていない様子。唯一、慶応病院の下で橋の上から沢山の鮎がキラキラと珪藻をはんでいるのが見えました。帰ってきてオトリ屋の主人に「病院の下には鮎が沢山いる。あそこで釣ってみたい」と言った所、「鮎は何処にでもいるさぁ」とのお答え。橋の上の様に高い所から見ると、鮎が発見し易いとも言う。「ここ(松下)でも、鮎は沢山いる。川に脚立を建てて、川を見てごらん」と言われました。

ではと言う事で、実験開始。生憎、バイクで釣りに行ったので脚立は持っていません。しかし水中眼鏡とシュノーケルを持っており、潜ってみる事にしました。そうしたら、今まで全く鮎が釣れず、鮎など居ないと思った場所にも鮎がウヨウヨよいるではありませんか。そして明らかに石に付いている鮎も見えたので、川から上がりオトリをその場所に入れてみました。そうしたら、その鮎が掛かるのですよっ! それから潜って石に付いている鮎を見つけては、川からが上がりオトリを入れる。そのような行為を繰り返して、40cm程の水深場所で鮎を四つ程掛ける事が出来ました。でも潜って明らかに追い気のある鮎を見つけ、川から出て、身支度を調えて釣りをするのは大変でしたけど…。

所で追い気満々の鮎のいるその場所は散々、竿を出していた場所なんですが、今までは釣れなかった。では何故、突然、掛かる様になったのか? 「もしや、野鮎がいないのでは?」と迷いながら釣るのと、追い気のある鮎が確実にいるのが分かって釣るのでは、やはり釣り方に差が出でしまうのでしょうか。

とにかく土用で渇水状態、余り鮎が釣れない狩野川にも鮎がウジャウジャいる事が判明しました。そして掛ける気満々でオトリを入れると、実際に掛かるのですねー。 うーん、これぞ人間の心理なのか。それとも何か、他の要素があるのか。今回は色々と勉強になった鮎釣りでした。

※以下は潜った時に撮影した石に付いている鮎の動画です。石に吸い付いている「ヨシノボリ」まで追っています。よろしかったら、見て下さい。

ダウンロード 20080728.mpg (10304.0K)

今シーズンこそ、鮎釣りを!

Wildcarp去年の夏は妙に忙しくて、結局、一回も鮎釣りに行けなかった。先週、私のホームグランドである狩野川の鮎が解禁したので、今シーズンこそ、鮎釣り三昧と行きたい所。でも引っ越したばかりで、落ち着いて釣りに行ける様な状態でもない感じ。困ったモンだ。

所で鮎も橋の上から、キラキラと体を光らせながらコケをはんでいる様子を飽きもせず見ていた事もあるが、近所の川の淵に、無数の鯉が泳いでいて、それが橋の上から良く見える。特に鮎釣り用のポラロイドサングラスを掛けていると、川底まで見えるので、思わず立ち止まって見入ってしまう。

小さな鯉でも30cmはありそうだし、大きいのは50cm超くらいの鯉もいる。時々、子供が河原から竿を出しているのを見た事があるが、釣れていない様子。その時はルアーを使っていた様だが、鯉なら練り餌の方が釣れそうだ。観察していると、水面を流れてくるゴミなどをパク付いているので、大きめのテンカラでも釣れそうである。元々鯉の住む川は余り綺麗ではないし、あんなデカイ鯉を釣っても持て余すだけだから、私が釣る事はないだろうけどね。

あー、今年は思う存分鮎釣りがしたいなぁ。

初めまして

今日からブログを始めることにしました。興味深い動画を見つけたので、ご報告。ルアーで鮎釣りです。ちなみに我がホームグランド狩野川では、ルアーによる鮎釣りは禁止になっておりますので、ご了承下さい。