旅行・地域

街が明るかった福岡

Imgp0934 このゴールデンウイークは、まず家人の実家に里帰り。福岡ドームで、ホークス戦を観戦。その後、福岡の街でショッピングや食事などを楽しんだ。その際、感じたことは何より、福岡の街が明るい事。震災後、関東の街は節電の為に照明を落としているので、何となく暗い感じがしていた。まぁ、東京や横浜の暗さも慣れれば何と言うこともないし、海外の街もこんな感じなので別段、気にならなくなっていた。しかし福岡ドーム球場はメチャメチャ明るいし、街も心なしかキラキラしている感じ。今まで震災と節電の影響で何処かドンヨリ感じていた気分が、晴れ晴れとするのだ。やっぱり街がキラキラと明るいのが、本来の日本なんだろうなぁ。しかし日本はもう、震災前に戻れない。浜岡原発も止まる様だし、この先、日本は益々、薄暗い感じになってくのだろうか。GWに訪れたそこ九州・福岡には確かに、震災前の日本が存在していた。ただ日頃、人での多い所に慣れていない私は、余りの人混みにかなり体力を奪われた感じ。もうヘロヘロです。まぁ、飛行機移動の疲れも影響しているかも知れないが…。

続きを読む "街が明るかった福岡" »

近所の公園

Shobu 梅雨の中休みっぽい晴れ間、菖蒲が見頃という情報に誘われ、近所の公園を散歩してきました。おおぉ、確かに菖蒲が満開だ。美しかったです。この公園はかなりの規模があって、園内を一周するだけで、大汗をかいてしまう様な有様。この日も、菖蒲や野鳥を撮影しようと、チョッキに身を固めたアマチュアカメラマンが、三脚の森を作っていました。Mamushi

とにかく今度引っ越した所は、自然が豊かなんですねぇ。しかし、余りに豊か過ぎて、こんな看板も出ていました。マムシはちょっと、ご免被りたいなぁ。夜は蛍も舞っている様な話も聞くので、機会があったら観察しようかと思っている今日この頃ですぅ。

別府温泉に行ってきました

Imgp0205しばらく更新が滞って、すいません。ちょっと九州の別府温泉に行って来たのです。この写真は夜、宿から温泉街を撮影したモノ。別府の温泉街は街中から湯気が立ち上っておりまして、壮大な光景を見せてくれました。関東でも箱根や草津は同様なのかも知れませんが、やっぱり九州の温泉は、関東とスケールが違う様な気がしましたね。泉質もとても良く、肌はツルツル。

所で、いつも暖房を我慢し、寒い仕事場や自室で震えている私ですが、旅行中はどの部屋も暖かく、うっすらと汗が出る程。大浴場にはサウナなどもありまして常時、中は熱々です。これでは地球のエネルギーも無くなるよなぁ、等と考えさせられる一面もありましたが…。

そう言えばアントニオ猪木さんが、永久電気を開発したそうです。永久電気の詳細についてはよく知りませんが、永久機関が現実不可能である事は歴史と科学が証明しています。まぁ、本当に無からエネルギーが取り出せるなら、地球のエネルギー問題も一気に解決。誠に喜ばしい限りです。まっ、そうなったら、アラブの石油産出国が黙ってはいないでしょう。しかしOPECも、原油を増産してくれればいいのにねぇ。

湯に浸かりながら、地球のエネルギー問題を考えてしまった温泉旅行のお話しでした。

雨の空港

雨の空港
ちょっと関東を離れます。羽田空港は雨なので、着いた先が晴れていると良いなぁ。では、行ってきまぁ〜す。

神田神社

Image008_1 今日、東京は秋葉原周りでお仕事。途中、地元の人々に親しみを込めて「神田明神」と呼ばれる神田神社の前を通り過ぎる。神田明神は徳川2代将軍秀忠依頼、江戸の総鎮守として、その役割を果たしてきたらしい。

ここはスピリチュアルな場所なのか。通り過ぎるときに、霊的な何かを感じる私(大嘘!)。

実は秋葉原近辺で仕事をするとき、もう何回も神田神社の前を通っているのだが、一回もお参りした事がない。なかなか趣のあるただ住まいを見ながら、いつも通り過ぎてしまうのだ。

今度、時間を作って、じっくりお参りしたいものだ。ちなみに写真に写っている女性は、いつも私の仕事をサポートしてくれる秘書兼、最愛なる恋人のナンシー、ではない。単に通りすがりの女性である、トホホ。

近所に「東京ガーデンパレス」はあるし、神田明神では結婚式も挙げられるようだし、そこの若いカップルさんには便利な場所なのではないだろうか。