心と体

玄米の効果有り!

Tf_2 以前の記事で「玄米ご飯、始めました」と書いた私。その記事から三ヶ月経過し、三ヶ月に一度、行っている血液検査の結果が出て来ました。とりあえず、中性脂肪がかなりダウンしている事が判明。その他のコレステロールも微減しています。うーん、やっぱり玄米食の効果が現れているようです。

玄米食を始めた以外、特に食習慣を変えてはいません。相変わらず深夜のスナック菓子も止められないし、お酒の量に関しては、ちょっと増えているかも。要するに、むしろ前より思い切り食べている感じなのですが、このデータ。ううむ、玄米、侮り難し!

実は玄米の市場ターゲットは、やはり精米より狭く、美味い玄米を安く買うのが難しいんですよね。オマケに白米より玄米の方が、虫や高温に弱い。要するに玄米は、モチが悪いらしい。だから一度に買い溜めする事も難しく、玄米食を続ける私の心が折れそうだったのです。今回の血液検査の結果が思わしくなったら、白米に戻しちゃおうかなぁ、と考えていた私。でも検査結果が良かったので、これからも玄米食を続けようと思っています。

 

西ナイルウイルス

Simgp0023西ナイルウイルスという病原体を知っているであろうか? 1937年、東アフリカで発見されたウイルスで、主に蚊が媒介する。その蚊に人間が刺さると感染。脳炎を発症し、最悪、死に至る。アメリカでは飛行機などによって、宿主となった蚊が国内に進入し、既に200人以上の死者が出ているという話。

現在の所、日本で感染者は発見されていないが何時、西ナイルウイルスが流行してもおかしくない状態らしい。ちなみに西ナイルウイルスの治療法は、まだ発見されておらず、対処療法のみ。

さて梅雨末期の豪雨の後、近所の公園に運動に出たら、行政機関が設置した蚊の捕獲器を発見。写真を撮ってきました。この捕獲器の中にはドライアイスがあり、二酸化炭素を発生させ、蚊を捕獲する様になっているみたいです。

今までも時々、捕獲器を見るのですが、翌日には無くなっているので、採取された蚊は速やかに西ナイルウイルスの抗体検査を施され、万が一に事態の備えているようです。しかし温暖化の進んだ日本では、冬でも蚊に刺される事あるので、西ナイルウイルスが赤イエ蚊から発見されたら、大変な騒ぎになりそう。

とにかく日々、こうした危機管理をするのは大切ですよね。