« 初めてメッシュジャケットを買ってみた | トップページ | また電力計を買っちゃった »

思惑はずれた防水パック

 温泉に入るのが何よりも好きな私が、漠然と探していたモノがついに見つかった。この防水パックである。これには防水のイヤホンが付いていて、中にMP3プレーヤーなどを入れておけば、水の中でも音楽が楽しめるらしい。おおぅ、素晴らしい! これがあれば、何時間でも風呂に入っていられるではないかと、早速、購入。でも暑がりの私にとって温泉は、あくまで冬のお楽しみ。夏の間は温泉なんか以ての外で、間違って湯船で暖まろうモノなら、風呂から出ても汗が止まらず、また風呂に入りたくなる。なので、夏の間は水風呂に入る事も多い。と言う訳で本来なら今回購入したこの防水パックは、冬までお蔵入りなるはずなのだが…。

それはオートバイに乗る時のナビ代わりとして、携帯電話のナビサービスを利用できるのではないかと、ふと思ったのだ。

 先日、梅雨の晴れ間。新しいこの防水パックと携帯ナビを信じ、余り地図を見ずに初めての場所に出掛けてみた。防水パックに携帯を入れ、ヘッドホンをしてからヘルメットを被ってみる。まず、ここで第一の誤算が…。腕が太いからか、腕に防水パックを付ける事が出来ない。想定では腕時計の様に左腕に携帯を付けて、ライディングしながら画面を見る予定だった。でもまぁ、ネックストラップがあるので、首からぶら下げてスタート。

走り始めてまず、イヤホンから音が聞こえない。今日は雨も降っていないので、防水イヤホンはいらないだろうと、普通のイヤホンを使ったのだが、そのイヤホンが耳にマッチしないので、すぐ耳から外れてしまう。路肩に止まり、ヘルメットを脱いで、イヤホンを耳の中に押し込み再セット。今回は上手く行った様だが、それでもスピードを出すと風切り音に負けてしまって殆ど聞こえないのだ。これではガイド音声を頼りに出来ない。

仕方がないので時々、携帯を見る作戦に切り替える。しかし、ここでまた誤算が…。野外ではコントラストが足りず、殆ど携帯画面が見えないではないか。偏向サングラスをしているので、尚更である。またちょっと体にぶつかると、携帯ナビモードがメニュー表示になってしまい、ナビゲーションがストップする。メニューを消そうとしても、グローブをしたままでは画面に上手くタッチできない。と言う訳で、携帯ナビをバイクで使ってみるという目論見は大失敗。頭に基本地図も入っていないモノだから目的地に辿り着けず、迷うに迷ってしまって、もう最悪であった。

インターネットで利用できる地図を、自由に利用できる昨今。私的には、余りナビの必要性を感じ無かった。オートバイ専用ナビゲーションも売られている様だが、あんなモノをハンドルに付けて走るなんて考えられないし、バイク便のように未知の場所を日々、走る回るという事も私には余り無い。なので事前に十分、下調べを行い、地図を頭の中に叩き込むという行為を実践し、今までも余り道に迷った事がなかった。ただ、車に乗っていてアーバン・ジャングルの中にある初めての場所にいくのに、携帯ナビが結構役にたった事もある。それでバイクでも携帯ナビを使えないかと思ったのだが、完全に大失敗。まぁ、便利なナビを使い過ぎると惚けそうだし、これからも頭に地図をインプットしてオートバイを走らせようと想いながら、神奈川県の真ん中辺りを彷徨った初夏の私なのであった。

« 初めてメッシュジャケットを買ってみた | トップページ | また電力計を買っちゃった »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217651/51924537

この記事へのトラックバック一覧です: 思惑はずれた防水パック:

« 初めてメッシュジャケットを買ってみた | トップページ | また電力計を買っちゃった »